Zoomウェビナーで接続できるカメラの種類は?

昨今、オンラインセミナーを開催するにあたってZoomウェビナーの使用が主流になってきています。

今回は、そんなZoomウェビナーで活用できるカメラの種類や設定方を解説していきます。

文字が鮮明に映らなかったり画面が暗くなってしまうなど、パソコンの内蔵カメラに不満を感じている方で外付けカメラの購入を検討している方は、ぜひ最後までお読みください。

目次

Zoomウェビナーで接続できるカメラの種類とは

Zoomウェビナーで接続できるカメラの種類は大きく2つです。

内蔵のWEBカメラと外付けのWEBカメラです。外付けWEBカメラとは、パソコンと接続してリアルタイムで映像を配信できる小型カメラのことです。外付けWEBカメラの中でも、「画角」「画質」「フォーカス」「マイク・スピーカー内蔵」「最短撮影距離」などの特徴によって様々な種類がありますので、用途によって使い分けましょう。

Zoomウェビナーで接続する各種カメラの設定方法

<手順>

※内蔵WEBカメラが付いているカメラ付きPCの場合は設定不要です。

​​Zoomウェビナーを行うタイミングで内蔵カメラがオン設定になっていれば使用できます。

① 外付けWEBカメラをパソコンに接続します。WEBカメラの電源を入れるタイミングは、WEBカメラの取扱説明書に準じます。

② Zoomにサインインする。

③ 「設定」→「ビデオ」にて、接続されているカメラを選択できます。

そこでプレビューも確認できますので、映りや画質が問題ないか確認しましょう。

Zoomウェビナーで接続するカメラを変更する際の注意点

① 画面入力機器の名前をしっかりと覚えておく必要がある。

② WEBカメラからPCに接続する際にはキャプチャボードが必要。

③ WEBカメラに対応アプリを複数同時起動している場合は、パソコン側がどのアプリで使用すべきか判断できず、正常に動作しない可能性がある。

④ WEBカメラとパソコンの接続が緩んでいたり、ケーブルが断線していたりすると正常に動作しない可能性があります。

⑤ インターネット経由でアプリを使用する場合、セキュリティソフトの設定によりWEBカメラが正常に機能しないことがあります。カメラへのアクセスをブロックされていることが原因で、トラブルが発生しているのかもしれませんのでご確認ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

注意点はあるものの、Zoomウェビナーの目的や開催規模に応じてカメラの種類を使い分けることで、より有意義なウェビナーが実現されると思いますので、ぜひ試してみてください。

 

この事例以外にも、実際のZoomウェビナー運営やウェビナー開催に関してのお悩みがございましたら、我々Airz Webinarにお任せください!