Zoomウェビナー参加者のカメラはオンにできる?

Zoomウェビナーでは、「ホスト」と「パネリスト」のみがカメラをオンにできる仕組みになっています。そんな中、Zoomウェビナーでも「参加者のカメラもオンにできたらいいのに…」と思ったことはありませんか?今回のブログでは、Zoomウェビナー中に視聴者の顔出しを行う方法を解説いたします!ぜひ参考にしてください!

Zoomウェビナー参加者のカメラ オン/オフ切り替えるには

Zoomウェビナーでは、参加者(視聴者)のカメラはオフに設定されています。参加者がZoom上で「視聴者」というステータスである限り、本人も、ホストやパネリストも、参加者のカメラをオンにことはできません。

しかし、参加者のステータスを「視聴者」から「パネリスト」に切り替えることで、参加者のカメラを実質的にオンにすることが可能です。

Zoomウェビナー参加者のカメラをオンにする設定方法

 

<手順>

① ホストが操作をします。

② 画面下部の中央左寄りにある「参加者」をクリック。

③ ポップアップで画面が出てきたら「視聴者」をクリック。

④ 顔出しを適用したい視聴者の「詳細」をクリック

プルダウンでチャット、パネリストに昇進、名前の変更、削除が表示されますので、「パネリストに昇進」を選択

⑥「視聴者」が「パネリスト」に変更されますので、カメラをオンにして完了

(左下の「ビデオの開始」をクリックします)

Zoomウェビナー参加者のカメラはオンにする注意点

このように、参加者(視聴者)をパネリストに昇格させることで、Zoomウェビナーでも参加者のカメラをオンにすることができます。ただし、いくつか注意点もありますので、ご紹介いたします。

① パネリストに昇格される際に一度ウェビナーから外れる可能性がある。

② 視聴者に「パネリストになる」の操作を行なってもらう必要があり、補足説明が必要。

まとめ

結論、Zoomウェビナーで参加者のカメラをオンにできます。

  • 参加者を「視聴者」から「パネリスト」に昇格させる
  • 「視聴者」から「パネリスト」に昇格させる際に、一度ウェビナーから外れる可能性があるので、リハーサルで動作確認が必要

注意点はあるものの、Zoomウェビナーの参加者のカメラオンを活用して、より有意義なウェビナーを実現しましょう!

Zoomウェビナーの運営でお困りのことがありましたら、ウェビナー運営代行のAirz Webinarにお任せください!

→関連ブログ:ウェビナー運営の成功ノウハウを一挙公開!企画からフォローアップまでの構成を徹底解説

→関連ブログ:Zoomウェビナーでよくある失敗と対策

→関連ブログ:Zoomウェビナーで参加者と交流できるおすすめ機能4点