新型コロナをきっかけに、働き方の多様化が一気に進みました。リアルイベントや商談の多くがオンラインにシフトし、顧客との接点や関係構築の場としてウェビナーの活用が定着しました。しかし、最近はウェビナーを実施する企業や団体が増えすぎて、飽和状態になってしまっています。そんな中、ウェビナー代行サービスを活用した「ウェビナー改善」が注目されています。このブログでは、ウェビナーを成功に導くためのウェビナー代行サービスの選び方をご紹介します。

ウェビナー代行サービスとは?

ウェビナー代行サービスとは、ウェビナーの事前準備や当日の運営をサポートするサービスです。ウェビナー代行サービスを活用することで、主催者は準備や運営にかかる作業負担を軽減できます。また、ウェビナー代行サービスによっては企画段階からサポートするものもあり、参加者の満足度や商談化率に関する課題解決にも役立ちます。

なぜウェビナー代行サービスが注目されているのか?

テレワークが浸透したことで、参加者を会場に集めたリアルセミナーやイベントの多くは、オンラインにシフトしました。ウェビナーはリアルイベントよりも気軽に開催できるため、これまでセミナーを積極的に開催してこなかった企業も開催するようになりました。また、これまでセミナーを開催してきた企業は頻度を上げたり、録画データを活用したオンデマンド型のセミナーを実施したりしています。

ウェビナーが認知され始めたころの課題としては…

  • 配信ツールの使い方が分からない
  • どんなマイクや機器を用意すればいいか分からない
  • インターネット環境が不安
  • セミナー実施のノウハウがない

など、運営まわりの不安や懸念が多くありました。

しかし、ウェビナーが浸透した昨今は…

  • 世の中にウェビナーが増えすぎて参加者が集まらない
  • 歩留まりが下がってきている
  • 真剣に聴講してくれる参加者が減ってきている
  • 営業コールをしたら聴いていなかったと言われる
  • 頻度を上げたことが原因でアイディアが枯渇してきている

など、集客や傾聴率、その後の関係づくり、ウェビナーのコンテンツとその質に関する課題が増えてきています。

ウェビナー飽和時代でも成功している企業は、マーケティング部門の中にセミナー専任のチームを持っています。セミナー専任のチームがあれば、常に自社のウェビナー課題に向き合っているので、PDCAサイクルを回せます。さらに、高頻度で開催しながらも様々なアイディアを出し続けられるので、コンテンツ不足に陥ることありません。

しかし、セミナー専任のチームがある企業は多くありません。そんな中、専任チームがなくてもウェビナーを成功させる方法として、改善支援もできるウェビナー代行サービスの活用に注目が集まっています。

主なウェビナー代行サービスの特徴

国内にはメジャーなウェビナー代行サービスだけでも20以上あります。同じウェビナー代行サービスでも、サポート内容は各社特徴があります。今回はウェビナー代行サービスを選ぶ時にも役立つ3つの特徴をご紹介します。

1. 配信技術が強み

ウェビナー配信ツールを提供している会社や貸し会議室などは、高い配信技術を持っています。リアルイベントでも使う撮影機材や音響機材、エンジニアを保有している点が特徴です。視聴者数が数千人以上になる大型のオンラインイベントの改善には、同時接続に強い配信ツールや資料ダウンロード機能がついている配信ツールを使い、オペレーションもプロに任せているウェビナー代行サービスがおすすめです。

2. 講演者アサインが強み

セミナーの講演者は集客数や満足度に影響します。同じ講演者ばかりでは、集客に限界があります。自社以外の講演者として、導入企業などサービス利用者をアサインするケースが多いですが、まだ導入企業が少ない新しいサービスや利用者と接点を持ちにくいBtoC商材は、なかなかゲストを招くことが難しいでしょう。しかし、諦める必要はありません。サービスやブランドと親和性の高い有識者のアサインを強みとしているウェビナー代行サービスに相談してみるといいでしょう。

3. ウェビナー改善支援が強み

ウェビナーの準備や運営だけではなく、改善支援にも注力している代行サービスがあります。ウェビナーの企画から参加者への事後フォローまでの一連の流れから、目標達成のボトルネックとなっている箇所を特定して改善点を提案し、目標達成まで専任の担当者が伴走します。ウェビナーがマンネリ化している、商談に結びついていない、PDCAを回せずやりっぱなしになっているなど…課題がある企業におすすめです。

ウェビナー代行や支援サービス20選!特徴や料金を比較

ウェビナー代行サービスを選ぶ時のポイント

ウェビナー代行サービスの選ぶ時は、各社のサポート範囲と強みを確認し、自社が抱えている課題や置かれている状況にマッチする会社を選ぶといいでしょう。

下記はウェビナーの企画から事後フォローまでの流れの一例です。まずは流れの中でどの部分をサポートしているかウェブサイトや資料請求で情報収集します。これにより、どの部分を任せられて、どの部分は自社で解決しなければならないのかを可視化できます。

<ウェビナーの流れ(例)>

  1. 企画立案
  2. ウェビナーページの制作
  3. ウェビナー配信ツールの手配
  4. 集客・告知
  5. 事務局(問い合わせ対応・メール送付・アンケート集計 etc.)
  6. 当日の配信対応
  7. 参加者への事後フォロー

次に、各フェーズの中を具体的にどのようにサポートしているか無料相談を活用して詳細を確認します。具体的なアクション内容はもちろん、これまでのサポート実績も聞いておきましょう。ウェビナー代行サービスを利用することで得られるビフォー・アフターをイメージできていると、よりサービス選定に有益な情報を集めることができます。

改善支援の実績多数!Airz Webinarとは

Airz WebinarはZoomウェビナーに特化した、ウェビナー代行サービスです。主催者には専任の担当者がアサインされ、企画から事後フォローまで一気通貫でサポートします。Airz Webinarはこれまで業界業種問わず様々な企業や団体をサポートした経験から、集客数・歩留まり率・満足度・アンケート回答率・商談化率など、ウェビナー成功に欠かせないポイントを改善させるための打ち手を、丁寧にヒアリングしながら提案します。

また、Airz Webinarは改善策を提案するだけではなく、週1の打ち合わせ、電話やメールのやり取りを通じて、主催者と共にウェビナーの改善に取り組みます。そのため、主催者はAirz Webinarの担当者からノウハウを吸収することが可能です。さらに、本気でウェビナーの内製化を目指す主催者には、内製化の支援プランもあるので、こちらもおすすめです。

オンラインでの仕事やコミュニケーションが当たり前となった今、ウェビナーは事業活動において重要な施策となっています。今後も益々ウェビナーを軸とした顧客獲得の競争が激化してくるでしょう。そのため、常に顧客ニーズに合った改善を実行できているウェビナーが残り、改善されずにマンネリ化しているウェビナーは次第に集客力を失っていくと考えられます。

今こそ、ウェビナーの課題にしっかりと向き合う時です!課題の洗い出しからやらなければならない、課題は見えているけど改善策を考える時間がないなど、ウェビナー開催に関する悩みをお持ちの方は、ぜひ一度ウェビナー代行サービスの活用を検討してみてはいかがでしょうか?

実際のZoomウェビナー運営やウェビナー開催に関してのお悩みがございましたら、我々Airz Webinarにお任せください!