Zoomウェビナー参加者のカメラはオンにできる?

Zoomウェビナーに関しては、「ホスト」と「パネリスト」のみがカメラオンになる仕組みになっています。

そんな中で、Zoomウェビナーを開催中に「視聴者の顔出しが出来たら良いな。」と思われたことはありませんか?

そこで今回は、Zoomウェビナー中に視聴者の顔出しを行う方法を解説いたしますので、ぜひ参考にしてください!

目次

Zoomウェビナー参加者のカメラ オン/オフ切り替えるには

Zoomウェビナーの参加者(視聴者)に関しては、基本的にカメラはオフです。
ホストとパネリストのみ、カメラがオンになります。
つまり、参加者をパネリストに切り替えることで、参加者のカメラを実質的にオンにすることが可能です。

Zoomウェビナー参加者のカメラをオンにする設定方法

 

<手順>

① ホストが操作をします。

② 画面下部の中央左寄りにある「参加者」をクリック。

③ ポップアップで画面が出てきたら「視聴者」をクリック。

④ 顔出しを適用したい視聴者の「詳細」をクリック

プルダウンでチャット、パネリストに昇進、名前の変更、削除が表示されますので、「パネリストに昇進」を選択

⑥「視聴者」が「パネリスト」に変更されますので、カメラをオンにして完了

(左下の「ビデオの開始」をクリックします)

Zoomウェビナー参加者のカメラはオンにする注意点

このように、視聴者をパネリストに昇格させることで、
Zoomウェビナーにおいても視聴者のカメラをオンにすることが出来ます。

ただ、いくつか注意点もありますので、ご紹介いたします。

 

① パネリストに昇格される際に一度ウェビナーから外れる可能性がある。

② 視聴者に「パネリストになる」の操作を行なってもらう必要があり、補足説明が必要。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
結論、・Zoomウェビナーの参加者のカメラはオンに出来る。

・「視聴者」から「パネリスト」に昇格させる。

・「視聴者」から「パネリスト」に昇格させる際に、
一度ウェビナーから外れる可能性があるので、リハーサル等で確認が必要。

注意点はあるものの、Zoomウェビナーの参加者のカメラオンを活用して、より有意義なウェビナーを実現しましょう!

Zoomウェビナーの運営やコンサルティングはAirz Webinarにお任せください!