Zoomウェビナー事前登録項目はカスタマイズできる?

みなさん、Zoomウェビナーを使用した事はございますか?

ZoomウェビナーはZoomミーティングと似ているようで実は性質や用途も全く異なっています。

特にウェビナーはミーティングと比べた際に対外的なイベントなどで使用されることが多いため、「今回のウェビナーは失敗できない…」といった悩みを抱えている人もいるかもしれません。

そこで今回はそういった悩みの中でも、特にZoomウェビナーにおける事前登録項目のカスタマイズについて紹介していきます。

この記事を読んで、「参加者の事前登録科目を追加、カスタマイズしたい」などといった悩みを解決して、Zoomウェビナーにおける事前登録項目のカスタマイズを完璧にしてウェビナーを開催しましょう!

目次

Zoomウェビナー事前登録項目のカスタマイズ方法

前提として、Zoomウェビナーの事前登録項目編集画面は以下の手順に従って到達できます。

①該当のウェビナーを選択して下さい

②下記画像のように下にスクロールした際にある、「招待状」というタブをクリックした後、「編集」をクリックして下さい

zoomウェビナー_事前登録

③下記画像のような「登録」画面が表示されるのでその中の「質問」タブをクリックして、参加者に記載してほしい項目の追加、また削除を行って下さい

zoomウェビナー_事前登録

上記画像では例として項目の「住所」「業界」を追加し、必須項目として「住所」を選択しています。

この場合、登録する際参加者には右画面のように表示されます。

④新しい質問を追加したい場合は「カスタムの質問」でテンプレート質問以外を追加できる

上記の項目以外で参加者に聞きたい事項などがある場合は、「カスタムの質問」タブで自由に質問を設定することが出来ます。

Zoomウェビナー事前登録項目をカスタマイズする際の注意点

事前登録項目のカスタマイズ方法については理解して頂けたでしょうか?

ここではカスタマイズする際の注意点について2点紹介していきます。

①あまりにも必須の質問が多いと参加者側が登録時にストレスを抱える

ウェビナー開催時、勿論参加者から会社名や役職などの情報を獲得するのは今後の栄養活動などにおいても非常に有益なデータとなります。

しかし、そういった意図のために必須登録項目を多くしてしまうと、その分参加者は登録時に時間がかかるため、ストレスを感じてしまうので注意して下さい。

②「カスタムの質問」作成時にクレジットカード番号などの機密情報などは作成できない点

こちらに関しては当たり前ではありますが、ウェビナー開催時に参加者のマイナンバーや社会保障番号などを質問するのは禁止されているので注意して下さい。

まとめ

いかがでしたか?

登録時により多くの情報を参加者から集めることで、今後の営業活動にも活用出来ます。

今回学んで頂いた事を糧にしてウェビナー開催に努めて頂けたら幸いです。

 

今回のお悩み以外にも、「ZoomウェビナーでもっとCVを増やしたい…」などの実際のZoomウェビナー運営やウェビナー開催に関してのお悩みがございましたら、我々Airz Webinarにお任せください!