Zoomウェビナーで外部機器からの音声を出力するには?

昨今、オンラインセミナーを開催するにあたってZoomウェビナーの使用が主流になってきています。

今回は、そんなZoomウェビナーで活用できる外部機器からの音声を出力する方法を解説していきます。

目次

Zoomウェビナーで音声出力できる外部機器の種類とは

Zoomウェビナーを行う際、パソコンにマイクが内蔵されている場合は、必ずしも外部機器から音声を出力する必要はありませんが、内蔵されていない場合は外部機器からの音声出力が必須です。

音声を出力する外部機器の種類としては、大きく3つあります。

「マイク単体」「ヘッドセット」「スピーカーフォン」です。

また、接続方法としては「有線」と「無線」の2種類があります。

「マイク単体」:

イヤホンやヘッドホンのように耳を塞ぐ機器が苦手な方や発話の音質にこだわりたい方にオススメです。

「ヘッドセット」:

イヤホンもしくはヘッドホンとマイクが一体となった形状が特徴。比較的クリアな音質で発言できる点と周囲への音漏れを気にする必要が点がオススメ。

「スピーカーフォン」:

スピーカーとマイクが一体になっています。内蔵スピーカーよりも大きな音量で室内に音を届けられたり、室内で喋っている複数人の音声を拾って相手に届けられるため、複数人が同じ部屋に集まり、外部の方を含めてZoomウェビナーをする場合にオススメ。

 

Zoomウェビナーで外部機器からの音声出力設定方法

<手順>

※内蔵マイクが付いているマイク付きPCの場合は設定不要です。

​​Zoomウェビナーを行うタイミングで内蔵マイクがオン設定になっていれば使用できます。

① マイク付き外部機器を有線か無線でパソコンに接続します。

② Zoomにサインインする

③ 「設定」→「オーディオ」を選択

④ 「Microphone」を選択して、プルダウンで接続した外部機器を選択して設定完了

Zoomウェビナーで外部機器からの音声出力をする際の注意点

① 外部機器からの出力タイプに注意。

② 画面入力機器の名前をしっかりと覚えておかなければいけない。

③ パソコンによって接続タイプが「有線のみか無線のみか」や「接続端子の違い」などがあるので、外部機器がお持ちのパソコンと接続可能か確認が必要。

④ マイク付き外部機器に対応するアプリを複数同時起動している場合は、パソコン側がどのアプリで使用すべきか判断できず、正常に動作しない可能性がある。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

注意点はあるものの、Zoomウェビナーのシーンによって、マイク付き外部機器を上手く使い分け、より有意義なZoomウェビナーを開催しましょう!

この事例以外にも、実際のZoomウェビナー運営やウェビナー開催に関してのお悩みがございましたら、我々Airz Webinarにお任せください!